Googleアナリティクスで「性別・年齢・興味」を知る方法


追記

  • 2013/10/27 「プライバシーポリシーの変更」追記
  • 2013/11/04 「ユーザー属性について詳しく解説されている記事の紹介」追記
  • 2014/06/25 「プロパティ設定からの変更」追記
  • 2014/08/18 「ユニバーサルアナリティクスの場合」追記
  • 2015/03/25 「プロパティ設定からの変更も可能です」(追記

ページ最下部をご覧ください。

新機能!オーディエンスレポート

Googleアナリティクスでは、地域やリピーター、OSなどのユーザー情報を取得することができますが、今回新しくオーディエンスレポートとして「性別・年齢・興味」を知る方法が登場しました。さっそく設定してみたので紹介します。


設定方法

簡単に言うと「トラッキングコードを1行書き換える」とデータを収集することができます。書き換えてからのデータを収集することになりますので、残念ながら過去のデータを見ることはできません。

1.メニュー >「ユーザー」>「ユーザー分布」>「サマリー」をクリック


アカウントによってはこのメニューがまだ表示されていない場合もあります。されていない場合はされるまで待ちましょう。

今回新たに追加になった項目は

  • 年齢
  • 性別
  • インタレストカテゴリ

です。


2.「有効化」をクリック



3.文中の「こちら」をクリックすると、以下のページにとびます。



4. そのページに載っているトラッキングコードに書き換えます。


<script type="text/javascript">
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxx-y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; 

ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';

var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

上のコードの8行目のみ、次のように置換します。8行目だけコピペすれば良いんです。

<script type="text/javascript">
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxx-y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; 

ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://' : 'http://') + 'stats.g.doubleclick.net/dc.js';

var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

ユニバーサルアナリティクスの場合はトラッキングコードが異なります。下記のページをご覧ください。

5.「トラッキングコードを確認」をクリックする



6.完了画面

これで完了です。データが反映されるまで待ちましょう。完了画面に書いてあるように24時間ほどで見ることができました。



こんなレポートです


性別

性別

年齢

年齢

インタレスト


ちなみに説明によると、


すべてのユーザーがユーザー属性と関連付けられているわけではありません。そのため、このレポートに表示されているのは一部のユーザーのデータのみであり、サイトにアクセスしたユーザー全体の構成を表すものではありません。

ということです。

どうやってデータをとっているんだろう?

どうやってとっているんですかね。 以下ページに、ユーザー属性の判別の仕組みが載っています。

英語ですが、こちらはGoogleアナリティクスのヘルプページにオーディエンスレポートの説明が載っています。


追記

1. プライバシーポリシーの変更(追記 2013/10/27)

今回のような性別や年齢の情報を取得し、その情報を広告に対応するようにトラッキング コードを変更する場合は、サイトに掲載するプライバシーポリシーで以下のような事を開示する事が必要があります。

2. ユーザー属性について、詳しく解説されている記事の紹介(追記 2013/11/4 )

注意事項などが詳しく書かれていますので合わせてご覧いただくことをおすすめします。


3. ユニバーサルアナリティクスの場合(追記 2014/08/18)

ユニバーサルアナリティクスの場合は、以下の方法です。

これまでは、トラッキングコードの ga.js を dc,js にすることで収集されていましたが、ユニバーサルアナリティクスの場合は、analytics.js のままで、以下の一行を追加します。

ga('require', 'displayfeatures');

4. プロパティ設定からの変更も可能です(追記 2015/03/25)

「アナリティクス設定」の「プロパティ設定」からも変更ができるようになりました。

「ディスプレイ広告主向けの機能」の「ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関するレポートの有効化」をONにする



タグ(この記事に関連するキーワード)

プロフィール

  • Twitter
  • はてブ

日比野(ひびの)ななえ

株式会社waculで、「AIアナリスト」のカスタマーサポートを担当しています。ブログではGoogleアナリティクスの使い方やアクセス解析について書いてます。詳しいプロフィールは→こちらから。

エントリーリスト

カテゴリーリスト

タグ